静岡県浜松市>小児科>アレルギー専門>小児科とくすり

診療のご案内 >> アレルギー勉強会 >> 講演実績 >> 院長プロフィール >> アクセス >> お問合せ >>

小児科外来における主要な病気は「感染症」だと思います。


小児科と感染症

感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体が体の中に侵入してあばれまわり、発熱やせき・鼻水・下痢などの症状を引き起こす病気のことです。夏に流行するプール熱や手足口病、冬に流行するインフルエンザなどは、みな感染症であり、人にうつる(感染する)病気です。

小児科医としては、まずはこれらの感染症をしっかり診断・治療することが大切であると考えています。

小児科とくすり

患者さんは医師からくすりを処方されることで安心感を得られる一方で、そのくすりの効果や副作用について不安を抱くこともあるのではないかと思います。

さて、外来でよく処方されるくすりの代表として抗生剤があります。発熱のあるお子さんに対して抗生剤が処方されると、ほっとされる保護者の方が多いように感じます。

しかし、抗生剤は細菌を退治するくすりであり、ウイルスに対しては効果がないことをご存じでしょうか?小さなお子さんでは抗生剤の副作用で下痢をすることも少なくありませんし、何よりも抗生剤の乱用による耐性菌(くすりが効かない菌)の増加が問題になっています。抗生剤の適切な使用に心掛けたいと思います。